ウォーターサーバーの消費電力は?

ウォーターサーバーと消費電力についてまとめてみましょう。
ウォーターサーバーの消費電力は、冷水を冷却するときと、温水を温めるときに消費されます。
ただし、貯水容器そのものが適温を保つのに向いている保温性の高い容器になっているので、かなり節電出来る仕組みが工夫されています。
メーカーのホームページを調べて見ると、1000円前後の表示が多いですね。
常時冷水・温水いつでも思い立った時に使えると言うことを考えると、妥当なところではないでしょうか。
電気ケトルを使用するとしたら、思い立ってからお湯が沸くまで3分ほど、冷水では冷蔵庫に常備しておく必要があります。
一人暮らしで1日にお湯を数回以下しか沸かさない以外は、便利に使える分お得感があるかもしれませんね。
アマダナのウォーターサーバーを使った口コミって?